スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待に応える。

 我が町の町議会議員任期は、残り670日となった。私は、次に立候補つもりはないが、先日、議員協議会が開かれ、様々な課題について話し合いを行った。
 議会基本条例に基づく地域懇談会の開催についての協議を行ったが、私が発言したのは、魅力ある本当の地域懇談会を行うには、普段からの議会活動、或いは、議員一人一人が町民から期待されている活動をしているか、そして、町民から議会人として必要とされているか自問自答をしなければならないという趣旨の発言をした。
 その期待に応えるための大切なことは、議長、副議長、委員長の役職に就けば、法律によって権限も大きくなり、長の職名のない議員とは格段の責任を負うことになる。このことを自覚し日々勉強をしなければリーダーシップ取れないと思う。
 長たるものは、2年間の任期のうちに何をやっていくのか?「例えば、予算にしくみ、条例の作り方、一般質問のあり方、議会全般の事」など、原点に返り明確に方向性とスケジールを各議員に明確に示するべきである。
 私は、17歳で役場職員採用され26年間役場に在職し建設課長、企画財政課長を拝命してきたが、職員には一か月、半年、一年後の目標を示し引っ張ってきた。
 議会として大切なことは、町民を対象にした外向けではなく、議員自ら(内面)の資質の向上が町民からの信頼を得るのではないでしょうか。(知らないことを如何にも知ったふりをして議会で賛成するのはどうでしょうか)
 

同窓会の話

 梼原町在住(男7名、女性7名)参加  町外在住(男9名、女性10名)計33名の参加であった。楽しい同窓会ではあったが、気になることも多く聞かされた。
 梼原町在住で自分達の子供が梼原に残っているのは現在僅か一人しかいない。これからも子供たちに梼原に残って頑張ってもらいたいという親はだれ一人いない。そして、町外在住の親たちも、梼原に帰って生活をしてみたいという人は一人もいない。また、子供たちにもそんな話をしたことも一回もないとの事であった。 こんな話を聞く中で私が思ったのは、これからの梼原で大切なことは徹底した教育の向上を図り、人材の育成を第一に考え、若いうちには優秀な企業に就職して定年まで勤め、定年後には梼原に帰って最期を迎える。或いは、iターンで老後を檮原で暮らしたい人の受け入れをしていく等の総合施策も考える。
 即ち、若者定住対策と合わせ、「日本一幸せな老後を送れる檮原町」を標榜する政策も必要ではないかと考えている一人です。(真っ白な画用紙に檮原の将来を絵に書いてみてはどうか)
 町外から見た同僚の意見は、檮原がこれから発展していくのか疑問に感じているとの事でした。

同窓会

 平成25年6月22日(土曜日)は、四万川中学校卒業してから50年になることから、四万川交流館で同窓会を計画してくれた。私にも計画の仲間にとの誘いはあったが、参加することができず迷惑をかけました。準備してくれた皆さん本当にありがとう。
 卒業生は78名だったと思うが、参加者は35名ぐらいとの事で約半分は集まるようです。毎年会う人、5年、10年ぶりに会う人、50年ぶりに会う人本当に楽しみにしている。
 おそらく皆が童心に帰り、しばしのひと時、すべてを忘れて最後の同窓会を楽しもうと思っている。

帰らない

 息子と昨日のブログについて話をした。息子の話によれば定年になったら梼原に帰るが、それまでは梼原に帰るつもりは全くないので色々言わないでくれとのこと。山林もいらないし売れるものがあったら売って二人が少しでも楽な生活をしてほしい。
 自分の人生は自分で計画を立てているので心配はいらないとの事。(率先垂範は無理でした)

眠れない

 わが町の現状「内政、外政」皆さんはどのように感じていますか?軽トラックで町内を廻っても活気があるとは思っていません。(一年間で7000キロ走ってますが)
 私も一人の議員として責任もあると思いますが、口先だけで物事は解決しない。私も含めて、若者定住政策を行うなら、生活の比較的安定をしているわが子を梼原に帰すのが率先垂範ではないか。
 私にはそのことをいう資格はない。それは、自分の子供にはしっかり勉強をして将来は親よりはもっといい生活をしなさいと言い聞かせ今日に至っている。皆さんは自分の子供にどんな思いを話してますか?言う事と要求することがちぐはぐではないですか?
 そんなことを考える時、私には限界を感じています。人の前に立つのは目の前の現実を解決してからではないでしょうか。
 私は、残りの人生(現在65歳)を細々と年金生活を送りたいと思っています。人のことを考える余裕がなくなったね。文書乱雑ごめんなさい。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。