スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挨拶ができない

 先日、二期目を目指す事になった矢野町長と共に、今回も後援会長を引き受けた私が後援会支部の役員会に出席をした。
 その役員会の席上、町長にもの申したいことがあれば、率直に意見を述べてほしいと話をした。
 おもむろに話が出たのは、役場職員は挨拶ができない。朝、昼、晩、道ですれ違っても下を向いている。また、役場に用件があってカウンターのぞいても皆がパソコンと向き合っていて一言もものを言わない。こんなことで良いのかとの話であった。(多数の方々の意見)
 私も同感である。私も議会で役場職員の挨拶については町長、副町長にもの申しているが、挨拶は基本中の基本である。挨拶がきちっとできれば清々しく気分も晴れやかになる。そうすれば、おのずと仕事が楽しくなるのである。
 子供たちに挨拶ができない出来ないと言っているが、率先垂範大人が見本を見せるべきだ。特に役場職員はサービス業であるからそのことを忘れてはならない。
 知恵を出せ、知恵のないものは汗を出せ、知恵も汗も挨拶もできないものは辞表を出せ。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。